コースでのカリキュラム

芸大・美大が設ける様々なデザイン料分野の試験に対応致します。将来デザイナーになる為の必要な感性・発想・造形力を身につけていきます。デザイン科分野はグラフィク・プロダクト・工業・工芸・建築など様々でデッサン・立体・色彩等の造形力はもちろん、考えを伝える力、人を楽しませる力、斬新な発想力など、【デザイナー】としての考え方を幅広く勉強して行きます。

【デッサン】

絵画/デザインをする上で、全ての基本となるのが【デッサン】です。静物/石膏を中心に、観察力や描写力、また構成力を身につけてゆきます。

【色彩構成】

色彩構成の課題では、美しい色彩感覚や構成力、さらには課題のテーマに対していかに個性にあふれた発想を出して行くかが大事です。課題内容も、ポスターや広告等に通じるテーマや、モチーフ/言葉等から発想する課題を行っています。

【立体構成】

国公立の美大・芸大では【デッサン・色彩・立体】と、3つの課題を出題される事が殆どです。立体構成で大切なのは「手を使って考える事」です。紙・粘度を中心に様々な素材で構成力を養います。

【モチーフ構成/着彩系課題】

東京芸大のデザイン科や工芸系の入試で出題される大学を受ける方はもちろん、総合的にも色彩でモチーフを捉える事は大事です。透明水彩などを使う静物着彩やモチーフ構成も行っています。

【講評会】

当研究所では、講評会を重視しています。自分の作品だけでなく、みんなが何を考えて制作をしているのか客観的に、自分の作品はどのように見えるのかなど、講評会で作品を見る事は大事です。講評会では、講師が生徒に適切なアドバイス指導を行います。

コースと授業時間

進学直前コース

週6回(祝日は休み)
月~金曜 17:00~20:00、土曜 10:00~20:00

進路を芸大・美大に決められた方が、集中的に学ぶコースです。高校3年生のみ対象です。土曜日は午前中から開放し、実技を磨く事ができます。入試直前は、講評会等はありませんが、祝日開放をする場合があります。

進学準備コース

週5回(祝日は休み)
火~金曜 17:00~20:00、土曜 10:00~20:00

進路を芸大・美大に決められた中学生~高校1・2年生を対象としたコースです。学ぶ内容は、進学直前コースと殆ど変わりません。土曜日は午前中から開放し、実技を磨く事ができます。

基礎コース

週2回(祝日は休み)
火曜 17:00~20:00、土曜 10:00~20:00

進路を芸大・美大に考えられている中学生~高校1・2年生を対象としたコースです。学ぶ内容は、デッサンを中心に基本を学んで頂きます。土曜日は午前中から開放し、実技を磨く事ができます。


  • 平日は17時~となっていますが、学校が終わり次第、早く来所して実技をする事はできます。
    終了時刻は変わりません。
  • 土曜日は、実技試験を行う場合があります。進学直前/準備コース受講の方が対象ですが基礎コースの方も、希望される場合受験する事は可能です。